栃の葉書房

さつきの本山野草の本その他の本展示会情報園芸店案内staff blog


home > 山野草の本 > 山野草関連の本 > 三瓶植物誌

趣味の山野草のページ

三瓶植物誌

三瓶植物誌

島根県三瓶山(さんべさん)の麓でペンション経営をする傍ら県内の学術施設に勤務し、
写真展や新聞コラム・同人誌・自身のホームページなどを通して三瓶の植物を紹介、
また小説も執筆している著者の、長年にわたり書き記した植物エッセイ。
植物の特徴、名前の由来から花言葉、心温まるエピソードや
郷愁を誘う子どもの頃の思い出などを織り交ぜて綴られ、
ほのぼのとした気持ちになれる一冊です。

 B5判・ハードカバー・総256頁・定価3,909円(8%税込) 

ご購入方法はこちらをご覧下さい

三瓶植物誌

三瓶山 この本は、朝日新聞島根県版に連載中の植物コラム「三瓶博物誌」の中から2001年4月6日〜2010年10月6日までに掲載されたものと、このたび出版でお世話になった栃の葉書房発刊の「趣味の山野草」に掲載されたコラムを「三瓶植物誌」としてまとめたものである。
・・・・・
 学生時代を横浜と東京で過ごし、古里に戻ったときに強く感じたことは、子供時分に見知った身近な景色と野山の広がりがほとんど変わっていないことであった。「三瓶博物誌」の昆虫編を担当している三島秀夫さんの「三瓶では、おおかたの地方で見られる昆虫・植物にふつうに会えるのはもちろん、そうでないものまであるのが素晴らしい」との言葉に凝縮されるように、何年経っても変わらない自然に接することができる。三瓶植物誌
 三瓶山は大山隠岐国立公園の一翼として、県内でも有数の自然が残されている。これは国立公園の意味合いが大きいと思われるが、それであっても、三瓶山の麓で生まれ、育ち、50数年がたった今でも毎日のように野山に出かけてみると、人々の活動の変化や諸々の事情・理由から見慣れた植物が古里の野山から消えていくとの危惧が少なからずある。他方、交通網の発達から元々はなかった外来種なども見かけるようになってきている。しかし、そうした新しい植物に出合える興味よりも、見慣れたものが消えていく方がより哀しいし、残念なことである。
三瓶植物誌 三瓶一帯には「三瓶植物誌」として取り上げた植物以外にもたくさんの植物が自生している。野山を歩くのは、ある程度健康でないと難しい面がある。かくいう私も膝を痛めて数ヶ月間ほど歩くことがままならない時期があった。当然のことながら、三瓶山中の花に接することなど不可能である。「三瓶博物誌」の読者の中にも、あるいは山野草の好きな方の中にも同じような立場や状況に置かれている人がいらっしゃるかも知れない。そうした方にも、この本を通して三瓶の野に咲く草花や樹木の姿を思い浮かべたり、様々な雰囲気に浸って頂きたい。また、より多くの人にかけがえのない自然に興味をもって頂きたい。それが私の願いである。

(著者「あとがき」より一部抜粋)

 

 

三瓶植物誌 掲載植物

アオキ
アオダモ
アオハダ
アカメガシワ
アキグミ
アキノノゲシ
アケビ
アケボノソウ
アセビ
アマドコロ
イイギリ
イタドリ
イチョウ
イチリンソウ
イヌガンソク
イヌビワ
イワニガナ
ウグイスカグラ
ウツギ
ウツボグサ
ウバユリ
ウメ
ウメガサソウ
ウメバチソウ
ウラジロ
ウリノキ
ウリハダカエデ
エゴノキ
エゾミソハギ
エンレイソウ
オオイヌノフグリ
オオオナモミ
オオマツヨイグサ
オキナグサ
オケラ
オトギリソウ
オニグルミ
オミナエシ
オモト
カキツバタ
カキドオシ
カキノキ
カキラン
カシワ
ガマ
ガマズミ
カミエビ
カラスノゴマ
カラスビシャク
カラムシ
カワラケツメイ
カワラナデシコ
キカラスウリ
キキョウ
キクバヤマボクチ
キヅタ
キツネノカミソリ
キバナアキギリ
キブシ
キランソウ
キリ
キンラン
ギンラン
ギンリョウソウ
クサイチゴ
クサギ
クサソテツ
クサノオウ
クジャクシダ
クズ
クヌギ
クララ
クリ
クロマツ
クロモジ
コオニユリ
コガンピ
コキンバイザサ
コゴメバオトギリ
コシダ
コナスビ
コバノミツバツツジ
ゴマギ
コマツナギ
コマユミ
ゴンズイ

サイハイラン
サクラタデ
ササユリ
サネカズラ
サラシナショウマ
サルトリイバラ
サルナシ
サンカクヅル
サンベサワアザミ
シオデ
シシウド
シモツケ
シャガ
ジャノヒゲ
ジュズダマ
シュロ
シュンラン
ショウジョウバカマ
シライトソウ
シラネセンキュウ
シロダモ
スイカズラ
スギ
スギナ
ススキ
スズサイコ
スズメウリ
ズミ
セイタカアワダチソウ
セリ
セリバオウレン
センニンソウ
センブリ
ソバ
ソヨゴ
ダイコンソウ
タニウツギ
タヌキマメ
タムシバ
ダンコウバイ
タンナサワフタギ
チゴユリ
ツクバネウツギ
ツチアケビ
ツチグリ
ツノハシバミ
ツリガネニンジン
ツリバナ
ツリフネソウ
ツルアジサイ
ツルウメモドキ
ツルカノコソウ
ツルニンジン
ツルボ
ツルリンドウ
テイカカズラ
トキリマメ
トキワイカリソウ
ドクダミ
ナガバモミジイチゴ
ナツハゼ
ナワシロイチゴ
ナンテン
ナンテンハギ
ナンバンギセル
ニワトコ
ヌルデ
ネコヤナギ
ネジキ
ネジバナ
ネムノキ
ノイバラ
ノキシノブ
ノグルミ
ノブドウ
ノボロギク
ハイイヌガヤ
ハチク
ハナイカダ
ハリエンジュ
ハンショウヅル
ハンノキ
ヒガンバナ
ヒサカキ
ヒトリシズカ
ヒナタイノコヅチ
ヒノキ
ヒメウズ
ヒメオドリコソウ
ヒメハギ
ヒメヒオウギズイセン
ヒメヤブラン
ヒヨドリジョウゴ
ヒヨドリバナ
ビワ
フキ
フジカンゾウ
フシグロセンノウ
フデリンドウ
フユイチゴ
フユノハナワラビ
ヘクソカズラ
ベニバナボロギク
ホタルブクロ
ボタンヅル
ホトケノザ
マタタビ
マツムシソウ
ママコノシリヌグイ
マメヅタ
ミズヒキ
ミゾカクシ
ミゾソバ
ミツバアケビ
ミツマタ
ミヤマカタバミ
ムベ
ムラサキケマン
ムラサキシキブ
モミジバスズカケノキ
ヤクシソウ
ヤツデ
ヤドリギ
ヤハズエンドウ
ヤブカンゾウ
ヤブコウジ
ヤブツバキ
ヤブデマリ
ヤブレガサ
ヤマアジサイ
ヤマウルシ
ヤマコウバシ
ヤマザクラ
ヤマジノホトトギス
ヤマシャクヤク
ヤマツツジ
ヤマトキソウ
ヤマナラシ
ヤマネコノメソウ
ヤマノイモ
ヤマフジ
ヤマボウシ
ヤマラッキョウ
ヤマルリソウ
ユウスゲ
ユキノシタ
ユキワリイチゲ
ユズリハ
ヨウシュヤマゴボウ
ヨモギ
リュウノウギク
リョウブ
リンドウ
レンゲツツジ
ワサビ
ワラビ

 

copyright 2007-  株式会社栃の葉書房 ↑上を目指します