栃の葉書房

さつきの本山野草の本その他の本展示会情報園芸店案内staff blog


home > 山野草の本 > 山野草関連の本 > 八甲田山 花さんぽ

趣味の山野草のページ

八甲田山 花さんぽ

八甲田山 花さんぽ:別冊趣味の山野草

大高純一 著

八甲田山は「日本百名山」としても知られていますが、
マイカーやバス利用で手軽に散策できる花スポットがたくさんあります。
八甲田山の麓「酸ヶ湯(すかゆ)温泉」に勤務する著者が13年間撮りためた写真をまとめた一冊。
「花の八甲田」といわれるほどにたくさんの花が観察できる八甲田山を4つのエリアに分けて紹介。

 A5判・96頁・定価1,257円(10%税込) 

 

ご購入方法はこちらをご覧下さい

 

斑入り植物

八甲田山 花さんぽの内容

 八甲田山は本州北端青森県のど真ん中に位置する南北17kmの山々の総称で、日本百名山にも数えられます。最高峰の八甲田大岳は標高1,585mですが、アルプスと同等の厳しさといわれる環境には春から秋まで、多くの美しい花々が育まれています。
 これらの花を、麓の酸ヶ湯温泉に勤める大高純一氏が在住者ならではの視点から13年間撮り溜め、一冊にまとめました。

●四季折々、素顔の花々

 八甲田山の花の紹介と言えばこれまで、中高年向け夏山ハイキングに見られる高山植物が中心でした。「八甲田山 花さんぽ」では高山植物はもちろん、シーズンピーク時以外の雪解けの早春、山開きの頃、晩夏、秋風が吹き始める頃など、四季折々に咲く、素顔の花々を知ることができます。

八甲田山 花さんぽ

●4つのエリア別にさんぽ

 八甲田山域は、日本百名山という「厳しさ」とは別に、「酸ヶ湯温泉」をはじめとした「癒し」という側面も持ち合わせています。そのため、訪れる人は年齢も体力もさまざまです。どんな人でも八甲田の花を楽しめるよう、山域を4エリアに分けて紹介しています。ドライブと入浴目的でも楽しめる「萱野高原・城ヶ倉・酸ヶ湯エリア」、日帰りハイキングで楽しむ「北八甲田エリア」などです。

八甲田山 花さんぽ

●類似図鑑とコラム

 北東北地域に住む植物観察愛好者にとって、八甲田山は身近なフィールドのひとつにも数えられます。よく似たすみれの仲間を取り上げても約10種近くを観察することができます。似た植物の紹介では、区別がわかりやすい「すみれ」や「らん」の他、7項目の「類似図鑑」ページをもうけました。また、花以外の八甲田の側面として「温泉」「山菜」「ジャム」「紅葉」など、地元ならではの著者のコラムも掲載しました。

八甲田山 花さんぽ

 

 

copyright 2007-  株式会社栃の葉書房 ↑上を目指します