栃の葉書房

さつきの本山野草の本その他の本展示会情報園芸店案内staff blog


home > 山野草の本 > 「楽しむ」シリーズ > 小型野生らんを楽しむ

山野草

小型野生らんを楽しむ

小型野生らんを楽しむ

実技・監修 東京山草会ラン・ユリ部会

園芸界で常に注目を集めているランのうち、日本人に身近な日本原産の野生ランを紹介。
なかなか見ることのできない貴重な自生地の写真、詳しい植え付け実技と栽培法、
育てられない種類、知っておきたい基本的な知識や歴史など、
ランを楽しむための情報を集約。
野生らん栽培を初心者向けに解説した待望の一冊です。

 B5判・総112頁・定価1,543円(8%税込) 

ご購入方法はこちらをご覧下さい

小型野生らんを楽しむ 立ち読みページへ

山野草

小型野生らんを楽しむ 目次

日本の野生らん
アツモリソウ・ホテイアツモリソウ・レブンアツモリソウ〈三橋俊治〉
イワチドリ〈小田倉正圀〉
ウチョウラン〈小田倉正圀〉
エビネ〈菊地慎一〉
オキナワチドリ〈小田倉正圀〉
オサラン〈三橋俊治〉
カキラン〈戸田祐一〉
カシノキラン〈三橋俊治〉
ガンゼキラン〈菊地慎一〉
キヌラン〈小田倉正圀〉
キバナノセッコク〈三橋俊治〉
クマガイソウ〈小田倉正圀〉
コアニチドリ〈小田倉正圀〉
コクラン〈大西清二〉
サギソウ〈小田倉正圀〉
サワラン〈小田倉正圀〉
シュスラン・アケボノシュスラン・カゴメラン・ハチジョウシュスラン〈大西清二〉
シュンラン〈戸田祐一〉
シラン〈菊地慎一〉
スズムシソウ〈小田倉正圀〉
セッコク〈三橋俊治〉
ダイサギソウ〈小田倉正圀〉
トキソウ〈小田倉正圀〉
ナリヤラン〈菊地慎一〉
ネジバナ〈小田倉正圀〉
フウラン〈三橋俊治〉
ミヤマウズラ〈大西清二〉
ミヤマムギラン〈三橋俊治〉
ムカデラン〈三橋俊治〉
ユウコクラン〈大西清二〉

らんを植える
No. 1 アツモリソウ
No. 2 ウチョウラン
No. 3 コオズ
No. 4 カキラン
No. 5 コクラン
No. 6 サギソウ
No. 7 ミヤマウズラ
No. 8 スズムシソウ
No. 9 タイワンクマガイソウ
No. 10 ネジバナ
No. 11 ハルカンラン
No. 12 フウラン
No. 13 セッコク
No. 14 カシノキラン

「蘭」と日本人  〈大橋秀昭〉
1.日本人とランの関わり
2.園芸隆盛の江戸時代
3.変わり物趣味横溢の江戸後期

らんを知る  〈石井佑基〉
1.分類と分布
2.自生環境
 ■着生 ■地生(林床) ■地生(草原や湿地)
3.部位の名称

 

栽培の基礎  〈石井佑基〉
1.苗の入手
2.整えたい環境
 ■庭がある場合 ■マンションのベランダ
 ■加温室 ■特殊な栽培装置 ■補光
3.基本的な管理
 ■灌水 ■肥料 ■リービッヒの最小律とキレート  ■薬剤
4.植え付け
 ■植え付け方 ■鉢植えの手順 ■用土関連 
5.一年の管理
 ■早春から春 ■初夏から夏 ■秋 ■冬
6.庭植えできるラン 
7.鉢で育てやすい海外のラン

野生らんに関わる法律  〈三橋俊治〉

栽培を控えたい、野生らん
アオキラン〈三橋俊治〉
イチヨウラン〈倉田英司〉
オニノヤガラ〈石井佑基〉
オノエラン〈三橋俊治〉
カモメラン〈石井佑基〉
カヤラン〈倉田英司〉
キバナノアツモリソウ〈橋本季正〉
キンセイラン〈夏井高人〉
キンラン・ギンラン〈大橋秀昭〉
コアツモリソウ〈倉田英司〉
コイチヨウラン〈熊谷忠男〉
コウトウシラン〈橋本季正〉
コケイラン〈橋本季正〉
サイハイラン〈倉田英司〉
サルメンエビネ〈夏井高人〉
ショウキラン・キバナノショウキラン〈三橋俊治〉
ツリシュスラン〈倉田英司〉
テガタチドリ〈倉田英司〉
ナツエビネ〈大橋秀昭〉
ニョホウチドリ〈夏井高人〉
ノビネチドリ〈倉田英司〉
ハクサンチドリ〈石井佑基〉
ヒナチドリ〈夏井高人〉
ヒメトケンラン〈倉田英司〉
フガクスズムシ〈夏井高人〉
フタバラン類〈三橋俊治〉
ホテイラン〈大橋秀昭〉
マヤラン〈石井佑基〉
ミズチドリ〈石井佑基〉
ミヤマモジズリ〈倉田英司〉
ヤマトキソウ〈夏井高人〉

増殖と育種  〈佐藤友信〉
■基本的な増殖法
■実生について
■バイオ技術の利用
■ランの育種

栽培早見表

 

※〈 〉内は執筆者

 

山野草

小型野生らんを楽しむ 掲載品種一覧

-あ-
アオキラン
アオスズラン
アオフタバラン
アキザキナギラン
アケボノシュスラン
アツモリソウ
アリサンスズムシ
アワチドリ
アワチドリ‘聴雪’
アワチドリ‘福娘’
アワチドリ‘紅の華’
イソマカキラン
イチヨウラン
イワチドリ
イワチドリ‘五月雨’
イワチドリ‘瀞美人’
ウズラバハクサンチドリ
ウチョウラン
ウチョウラン‘仁王’
ウチョウラン‘初雪’
ウチョウラン‘紅峰’
エノモトチドリ
エビネ
オオオサラン
オオキリシマエビネ
オオシマシュスラン
オオフガクスズムシ
オキナワセッコク
オキナワチドリ
オキナワチドリ‘沖の輪’
オサラン
オナガエビネ
オニノヤガラ
オノエラン
-か-
カキラン
カゴメラン
カシノキラン
カモメラン
カヤラン
韓国産アツモリソウ
ガンゼキラン
カンラン
キエビネ
キヌラン
キバナノアツモリソウ
キバナノショウキラン
キバナノセッコク
キリシマエビネ
キンセイラン
キンラン
ギンラン
クマガイソウ
クモキリソウ
クロカミラン
クロスズムシ
コアツモリソウ
コアニチドリ
コアニチドリ‘秋田美人’
コアニチドリ‘出羽の舞’
コアニチドリ‘紅宝’
コイチヨウラン
コウトウシラン
コオズ
コクラン
コケイラン
コフタバラン
小町蘭‘越後美人’
小町蘭‘星空’
小町蘭‘まりも’
小町蘭‘明峰’
コラン
-さ-
サイハイラン
サガミラン
サギソウ
サギソウ‘天の川’
サギソウ‘朧月’
サギソウ‘かがやき’
サギソウ‘銀河’
サギソウ‘金星’
サギソウ‘葉月’
サギソウ‘飛翔’
サツマチドリ
サルメンエビネ
サワラン
三楽
シナノショウキラン
C.ファスキオラーツム
C.ケンタッキーエンセ
C.ベントリコーサ
C.ヘンリー
C.レギナエ
シマササバラン
シュスラン
シュンラン
ショウキラン
シラン
シラン‘藤娘’
シラン‘三保の華’
スズキサギソウ
スズチドリ
スズムシソウ
スピランテス・ケルヌア
セイタカスズムシ
セッコク
セッコク‘北の春香’
セッコク‘桃乙女’

-た-
ダイサギソウ
タイリントキソウ
タイワンクマガイソウ
タカネフタバラン
タシロラン
チャボチドリ
長生蘭‘黒牡丹’
長生蘭‘満月’
ツシマニオイシュンラン
ツリシュスラン
ツルラン
テガタチドリ
テリミトラ・ヌダ
トキソウ
トラキチラン
-な-
ナギラン
ナゴラン
ナツエビネ
ナリヤラン
ナンゴクネジバナ
錦蘭‘国宝殿’
錦蘭‘深山の光’
ニョホウチドリ
ネジバナ
ノビネチドリ
-は-
ハクサンチドリ
‘はくつる’
ハチジョウシュスラン
ハベナリア・メデューサ
ハマカキラン
ハルカンラン
ヒタチクマガイソウ
ヒナチドリ
ヒナラン
ヒメトケンラン
ヒメフタバラン
ヒメホテイラン
ヒロハノカラン
富貴蘭‘金孔雀’
富貴蘭‘金牡丹’
富貴蘭‘猩々’
富貴蘭‘翡翠’
富貴蘭‘満月’
フウラン
フガクスズムシ
フタバラン類
プティロスティリス
ヘツカラン
ベニカヤラン
ベニシュスラン
ボウラン
ホシケイラン
ホシケイラン‘丹頂’
ホソバシュンラン
ホテイアツモリソウ
ホテイラン
-ま-
マメヅタラン
マヤラン
ミズチドリ
ミヤマウズラ
ミヤマフタバラン
ミヤマムギラン
ミヤマモジズリ
ムカデラン
ムギラン
ムレチドリ
モミラン
-や-
ヤクシマシュスラン
ヤクシマネジバナ
ヤマトキソウ
ユウコクラン
-ら-
リュウキュウセッコク
レブンアツモリソウ

 

↑上を目指します

copyright 2007-  株式会社栃の葉書房